交友社 鉄道図書館図書ページ

稚泊連絡船史

昭和49年1月10日 発行
著作権発行者 日本国有鉄道 青函船舶鉄道管理局

欠:1-16頁

TOPへ戻る
371ページみつかりました。1〜300ページ目を表示中 前へ 次へ
ページ
表紙 901
とびら 902
写真-亜庭丸氷の海をゆく 903
904
発刊にあたって 905
目次 表紙〜第5章 906
第1編 稚泊航路〜第2編 連絡船 907
第3編 航海〜第4編 輸送 908
第4編 輸送 909
第5編 組織〜第6編 船員 910
第7編 海難〜第8編 航路終局 911
付表 912
写真・図・表 目次 〔写真の部〕 913
〔写真の部〕〔図の部〕 914
〔図の部〕〔表の部〕 915
第2章 樺太経営の概況 3 樺太庁時代 017
3 樺太庁時代 018
3 樺太庁時代 019
第3章 樺太の鉄道 1 沿革, 2 組織 020
2 組織 021
3 規模 022
3 規模 023
3 規模 024
営業開始一覧表 025
営業開始一覧表 026
営業開始一覧表 027
4 連帯運輸 028
5 樺太鉄道局 029
5 樺太鉄道局 030
第4章 樺太との海上交通 1 沿革, 2 航路の発展 031
2 航路の発展 032
2 航路の発展 033
3 戦時の海上交通 034
3 戦時の海上交通 035
3 戦時の海上交通 036
第5章 樺太喪失 1 ソ連の樺太要求, 2 ソ連の参戦 037
3 樺太喪失 038
図・3 樺太地図 039
3 樺太喪失 040
3 樺太喪失 041
3 樺太喪失 042
3 樺太喪失 043
宮沢賢治「宗谷挽歌」 044
第1編 稚泊航路 航路営業開始告示 045a
稚内港(S8),大泊港(Sll) 045b
第1章 宗谷海峡 1 その様相 045
1 その様相 046
2 名称の由来 047
3 渡峡の概略 048
4 稚内・大泊間の交通 049
4 稚内・大泊間の交通 050
第2章 稚泊航路開設の経緯 1 開設の意見と機運 051
2 航路開設の交渉 052
2 航路開設の交渉 053
2 航路開設の交渉 054
3 航路開設の決定 055
3 航路開設の決定 056
3 航路開設の決定 057
4 稚泊航路の効果 058
4 稚泊航路の効果 059
第3章 稚内港 1 位置・地勢, 2 沿革 060
2 沿革 061
3 港湾施設 062
3 港湾施設 063
3 港湾施設 064
3 港湾施設 065
3 港湾施設 066
第4章 大泊港 1 位置・地勢, 2 沿革 067
2 沿革 068
3 港湾施設 069
3 港湾施設 070
3 港湾施設 071
3 港湾施設 072
旅情(1) 073
旅情(2) 074
第2編 連絡船 宗谷丸進水(S7) 075a
船台上の亜庭丸(S2) 075b
第1章 連絡船の配備 1 壱岐丸・対馬丸時代 075
1 壱岐丸・対馬丸時代 076
1 壱岐丸・対馬丸時代 077
2 亜庭丸・壱岐丸時代 078
2 亜庭丸・壱岐丸時代 079
3 亜庭丸・宗谷丸時代 080
3 亜庭丸・宗谷丸時代 081
4 就航船のその後 082
4 就航船のその後 083
5 連絡船の性能 084
5 連絡船の性能 085
5 連絡船の性能 086
5 連絡船の性能 087
5 連絡船の性能 088
第2章 水陸連絡 1 概説 089
2 初期の水陸連絡 090
2 初期の水陸連絡 091
3 水陸連絡施設改善の推移 092
3 水陸連絡施設改善の推移 093
3 水陸連絡施設改善の推移 094
3 水陸連絡施設改善の推移 095
4 補助汽船 096
4 補助汽船 097
4 補助汽船 098
4 補助汽船 099
4 補助汽船 100
5 給水・給炭 101
6 補助汽船と艀の労苦 102
6 補助汽船と艀の労苦 103
6 補助汽船と艀の労苦 104
6 補助汽船と艀の労苦 105
6 補助汽船と艀の労苦 106
第3編 航海 扉1 107a
扉2 107b
第1章 気象・海象 1 稚内の気象概要 107
2 大泊の気象概要 108
3 稚内・大泊の気象統計 109
3 稚内・大泊の気象統計 110
3 稚内・大泊の気象統計 111
4 宗谷海峡の気象・海象 112
4 宗谷海峡の気象・海象 113
4 宗谷海峡の気象・海象 114
4 宗谷海峡の気象・海象 115
5 海氷 116
5 海氷 117
5 海氷 118
5 海氷 119
6 気象観測施設 120
第2章 航海の種々相 概要 121
図・27 稚泊航路図 122
1 平常航海 123
2 霧雪中航海 124
2 霧雪中航海 125
2 霧雪中航海 126
3 氷原航海 127
3 氷原航海 128
3 氷原航海 129
3 氷原航海 130
3 氷原航海 131
3 氷原航海 132
4 港内操船 133
4 港内操船 134
5 稚泊航路点景 135
5 稚泊航路点景 136
5 稚泊航路点景 137
5 稚泊航路点景 138
第3章 航海諸設備 1 砕氷設備 139
1 砕氷設備 140
2 航海計器 141
2 航海計器 142
第4章 機関 1 主機関 143
1 主機関 144
1 主機関 145
2 ボイラーと補機 146
2 ボイラーと補機 147
2 ボイラーと補機 148
2 ボイラーと補機 149
2 ボイラーと補機 150
図・32 機関室配置図 151
第5章 通信 1 内地・樺太間通信の沿革 152
2 運用と設備 153
2 運用と設備 154
2 運用と設備 155
2 運用と設備 156
2 運用と設備 157
2 運用と設備 158
2 運用と設備 159
2 運用と設備 160
2 運用と設備 161
2 運用と設備 162
2 運用と設備 163
2 運用と設備 164
2 運用と設備 165
第6章 保安体制 1 非常部署 166
2 戦時警戒体制 167
2 戦時警戒体制 168
2 戦時警戒体制 169
2 戦時警戒体制 170
3 工事 171
3 工事 172
3 工事 173
3 工事 174
表・33 工事一覧表 175
3 工事 176
4 資材管理 177
4 資材管理 178
4 資材管理 179
4 資材管理 180
第4編 輸送 扉1 181a
扉2 181b
第1章 運航 1 運航形態 181
2 基本運航期間/ 3 運航の変遷 182
3 運航の変遷 183
3 運航の変遷 184
3 運航の変遷 185
3 運航の変遷 186
3 運航の変遷 187
4 運航実績 188
第2章 旅客輸送 1 旅客設備 189
1 旅客設備 190
1 旅客設備 191
1 旅客設備 192
2 開設当時の旅客輸送 193
3 旅客輸送の推移 194
3 旅客輸送の推移 195
3 旅客輸送の推移 196
3 旅客輸送の推移 197
4 旅客の動態 198
4 旅客の動態 199
4 旅客の動態 200
5 旅客輸送サービス 201
5 旅客輸送サービス 202
5 旅客輸送サービス 203
5 旅客輸送サービス 204
5 旅客輸送サービス 205
5 旅客輸送サービス 206
6 荷物輸送 207
6 荷物輸送 208
6 荷物輸送 209
第3章 貨物輸送 1 荷役設備 210
2 稚泊間貨物輸送の特徴 211
3 貨物輸送の推移 212
3 貨物輸送の推移 213
4 貨物の積替作業 214
4 貨物の積替作業 215
4 貨物の積替作業 216
4 貨物の積替作業 217
4 貨物の積替作業 218
5 氷上荷役 219
5 氷上荷役 220
6 輸送品目 221
6 輸送品目 222
6 輸送品目 223
第4章 運賃・料金 1 旅客運賃料金 224
1 旅客運賃料金 225
第3章 貨物輸送 1 旅客運賃料金 226
1 旅客運賃料金 227
第4章 運賃・料金 2 貨物運賃 228
2 貨物運賃 229
2 貨物運賃 230
2 貨物運賃 231
表・65 航路の新旧賃率比較(S10) 232
2 貨物運賃 233
3 郵便運賃料金/ 4 収入・支出 234
4 収入・支出 235
4 収入・支出 236
表・67 旅客・貨物運輸収入支出 237
表・67 旅客・貨物運輸収入支出 238
表・67 旅客・貨物運輸収入支出 239
表・67 旅客・貨物運輸収入支出 240
表・67 旅客・貨物運輸収入支出 241
才積扱・メートル法の採用と比較表 242
4 収入・支出 243
表・68 年度別,月別収入表 244
表・68 年度別,月別収入表 245
第5章 特殊輸送 1 車両輸送計画 246
2 周遊 247
3 他港間輸送 248
4 陸軍大演習に伴う団体輸送 249
5 炭鉱労務者の転換輸送 250
6 利尻丸の筏輸送 251
7 艀による車両輸送 252
7 艀による車両輸送 253
7 艀による車両輸送 254
第5編 組織 扉1 255a
扉2 255b
第1章 船舶管理機構 1 本省 255
1 本省 256
2 鉄道局 257
3 管理部 258
3 管理部 259
第2章 現業機関 1 船舶関係現業機関 260
2 関連陸上現業機関 261
2 関連陸上現業機関 262
表・70 稚泊航路関係組織一覧(航路開設当時) 263
表・71 稚泊航路関係組織一覧(航路休止当時) 264
表・72 主要職員の推移 264_2
第6編 船員 扉1 265a
扉2 265b
第1章 船員概説 1 船員の特殊性 265
2 船員の気風 266
2 船員の気風 267
第2章 職制・職名 1 指揮命令系統 268
2 職務内容 269
2 職務内容 270
3 船員の職名 271
3 船員の職名 272
表・73 船員の職名変遷表 273
第3章 要員 1 年度別現在員 274
2 機関別・職名別現在員 275
3 機関別・身分別職員数 276
3 機関別・身分別職員数 277
第4章 勤務・休暇 1 船員勤務の考え方, 2 勤務制度 278
3 休暇 279
4 予備船員, 5 勤務の実態 280
5 勤務の実態 281
5 勤務の実態 282
第5章 給与 表・77 高等官官等俸給表(年俸) 283
1 採用給 284
1 採用給 285
2 特殊勤務手当 286
2 特殊勤務手当 287
2 特殊勤務手当 288
TOPへ戻る