鉄道フォーラムトップ梁山泊会所告示

梁山泊会所告示

「停車場変遷大事典 国鉄・JR編」補遺データ
梁山泊会所告示 第001〜016号 総集編

(2015/8/15新補遺データ追加)
(1999/7/17改訂,7/22構成変更)

新補遺データ(2015.8.15追加)

1巻001ページ〜140ページ

1巻141ページ〜189ページ

1巻190ページ〜254ページ

1巻255ページ〜798ページ

2巻001ページ〜130ページ

2巻131ページ〜214ページ

2巻215ページ〜334ページ

2巻335ページ〜386ページ

2巻387ページ〜526ページ

2巻527ページ〜630ページ

2巻631ページ〜804ページ

2巻805ページ〜990ページ

 JTB出版事業局から刊行された『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』の編集長−石野哲さんから、ホームページ用の「梁山泊会所告示第001〜016号」(補遺データ)をいただきました。どうぞご利用ください。

鉄道フォーラム・マネージャ 伊藤 博康

この補遺データは、『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』についての、訂正・新発見・新情報です。(1998.09.19初版発売 JTB刊)
訂正については、誠に申し訳ございませんが、ご訂正ください。
ご指摘をいただいた読者の方々に、厚く御礼申し上げます。
「◎梁山泊会所告示第×号」のようなタイトルを付けております。
1998.09.19(土)を「告示第001号」として、スタートしました。
以後、通算番号とします。(年度が変わっても番号を戻しません)
「告示」としていますが勿論私的なもので、公的・法律的な意味合いは、まったくありません。
「梁山泊会所」の由来は、2巻p990のあとがきをご覧ください。
新駅など追加する駅の「駅番」は、9323から、追番としています。
告示第016号までで、「駅番」9364 までを使っています。
廃止駅が発生しても、その「駅番」は、永久欠番扱いとします。
例えば「■1-023」は、1巻23ページを指します。
文字コードは「旧JIS」で入力しています。見分け方は、「桧」が「木偏に会」に見えれば新JIS、「木偏に會」なら旧JISです。新JISで見える場合は、この「桧」を含む、次の22組44字の漢字を、左右逆に読み替えてご利用ください。
※化ける字22組44字:鰺/鯵、鶯/鴬、蠣/蛎、攪/撹、竈/竃、灌/潅、諫/諌、頸/頚、礦/砿、蘂/蕊、靱/靭、賤/賎、壺/壷、礪/砺、檮/梼、濤/涛、邇/迩、蠅/蝿、檜/桧、儘/侭、藪/薮、籠/篭
  (1巻p51参照)
この補遺データについては、営利目的でない限り、転載はご自由です。

(梁山泊会所吟味衆のひとり  いしの てつ)

鉄道フォーラムトップ梁山泊会所告示